天国へ旅立ったジュジュの遺骨とともに、最後のお出かけをしてきました。

 

お出かけが大好きだったジュジュ。いつでも出かける準備は万端で、近くに買い物に行くだけだからと、そーっと準備をしていても、気配を察知して、さっと玄関へ行き「早く、早く〜行こうよ〜」と待ち構えていました。

 

ジュジュが好きだった場所はたくさんあってどこがいいかと考えた結果、やっぱり生まれ育った所がいいよねと、主人と意見が一致し、長野の北信方面へ出かけることに。ジュジュは松本市生まれで、5歳まで中野市にいました。長野は元気いっぱいだったころの思い出がいっぱいです。

 

長野に行く前に、上越市に越してきてからよく行った『たにはま公園』の牾い里澆┐覽”で深呼吸。ここは、ジュジュが大好きだったのはもちろんですが、私も大好きな場所です。大きなドッグランもあるのですが、ジュジュはドッグランには行かず、もっぱらこの丘で走ったり、飛び跳ねたりしていました。

その後は、長野の北信方面へ。胸に抱いたジュジュに「ほら、どこどこだよ、なつかしいね」「ここで、いっぱい遊んだね」と、たくさん話しかけながらの道中。いちいち涙があふれてくるのですが、この日は本当にジュジュを抱っこしているような感覚があって、主人もジュジュがいると感じていたと言っていました。

 

長野県飯山市の道の駅『花の駅 千曲川』も思い出がいっぱい。道の駅のずっと手前で車を停めて、雄大な千曲川の流れ、道路沿いを彩る菜の花を眺めながら、てくてく散歩したな〜。

 

この日は、飯山市の『レストラン サージ』で食事をしようと決めていました。今はなくなってしまいましたが、以前のサージにはウッドデッキがあって、そこではワンコ同伴の食事がOKでした。食事もおいしく大人気店でベジタリアン対応もしてくれ、とても貴重なお店で、事あるごとに行っていました。この日はジュジュ初めての入店です。

レストランサージで、主人とジュジュと3人?で楽しかったこと、失敗談、お世話になった方々のことたくさん、たくさんジュジュの思い出話しをしました。

 

こんなことをしたからと言って、ジュジュとの別れにけじめをつけられたわけでもなく、つらさ、哀しみが薄れることはないのですが、ずっと私を支えてくれたジュジュに笑われないように、前に進まないと、頑張る姿をみてもらわないと。

ペットロスがどんなものなのか、今自分はまさにペットロスの状態なのかは分かりませんが、ある一冊の本に少し救われました。もし、愛したワンコを亡くして、虚しさに苛まれている方がいらっしゃいましたら、この本を開いてみてください。(という私は、実はすべてを読んでいません。すぐに泣いてしまいます。。。全部読めるようになるまでには、まだ時間がかかりそうです。)

 

カフェスペースに置いておきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM