ぶんぶく精進ごはんのセットの内容は、日々少しづつ変化しますが、定番の一品は有機ごまと吉野本葛を使用したごま豆腐。

 

先日、お客様が「ごま豆腐も手作りなんですか!どこかからとっているんだと思ってました〜」と驚いた様子で仰せでしたので、こちらの伝え方の中途半端さを反省、反省💦

翌日から、店内にあるメニューを書いた黒板には、あえて❝自家製ごま豆腐❞と書いてみましたが、また別のお客様が「自家製はごま豆腐だけじゃないから、すべて自家製○○と書かなくちゃいけなくなるよ〜」と。仰るとおり!

なので最近は、ごま豆腐の話題になると「ごま豆腐は、自分自身の精進道のため、そして召し上がっていただく方に喜んでいただきたく早朝3時に起きて作ってます」と、せん越ながらお話しさせていただくことにしました(;^ω^)

 

「どこかで勉強してきたの?」と聞かれますが、どこにも行かず誰からも教わらずの独学です。高野山のごま豆腐も永平寺のごま豆腐も食べたことがありません(行きたいと思いつつも、未だ行けず)。私が勝手にお手本にさせていただいているのは、故・村瀬明道尼のごま豆腐。ところが、村瀬明道尼のごま豆腐も食べたことがありません(T_T)明道尼がご存命の時に滋賀の月心寺に行って、ごま豆腐を食べてみたかったな〜。私が作っているごま豆腐を心の師匠と仰ぐ明道尼が見たら、なんと仰るだろう。。。

 

ごま豆腐が上手くできなければ、精進カフェぶんぶくはオープンできません。ごますりを始める前には、目の前のごまとすり鉢に「よろしくお願いします!」とあいさつをして気合を入れて、明道尼に心の中で手を合わせてます。明道尼は、ごますりの間『観音経』を3回唱えたそうで、私も真似したい!と観音経を広げてみたものの、あまりにも長いお経で、即断念…(-_-メ) 

ごま豆腐作りを始めたばかりのひよっこは、お経を覚えるより目の前のごますりに一心不乱になった方がよさそうです。いつの日か観音経を唱えながらごますりをするオモロイおばあちゃんになれるよう、やっぱり日々精進な〜り!のぶんぶく店主なのでした。

                                                 

 

 

 

 

 

1

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM