精進料理みたいなのお願いね〜

先週、一人キッチンでニヤニヤしていた私。ご予約のお電話をいただいたときの話しです。

 

夕方、翌日の仕込みをせっせとしていると、電話がなりました。少し前にお越しになられた方からです。

「ぶんぶくさん、〇月〇日に行きたいんだけど、あの精進料理みたいなのお願いね〜」

私はすかさず「精進料理みたいなのですね〜。かしこまりました!お待ちしていまーす!」とお応えしました。その時点で、可笑しくて可笑しくて笑う笑う電話を切った後も、しばらく笑いが止まりませんでした。

 

精進料理といえば

↑こういうイメージなんだと思います。それが

2018.5.13.jpg

↑こうなわけですから『精進料理みたいなの』という表現になったのですね〜。

何が可笑しかったって、メニュー名『ぶんぶく精進ごはん』を『精進料理みたいなの』に改名したら、おもしろい!と思っちゃったからなんです。

私がお客様に「❝精進料理みたいなの❞は¥1.000です」と説明したり、お客様も「❝精進料理みたいなの❞2つ』とおっしゃっている光景を想像してしまいまして…ゲラゲラ

 

オープンしたばかりのころ『ぶんぶく』という店名を『ぽんぽこりんだっけ?』と言われた時も爆笑しましたが、今回のおもしろ度はそれを超えました!

 

精進料理は、動物性の食材を一切使わず、五葷(ごくん)と呼ばれるにおいの強い食材(ネギ、ニラ、らっきょう、にんにく、玉ねぎ)も避けます。以前放送されたNHKテレビの【ブラタモリ】で高野山金剛峰寺が特集され、興味深く観たのは今でも生きていらっしゃるとされる弘法大師に毎日食事が運ばれている場面。その中身は見れなかったものの、精進パスタや焼きそばもメニューにあると知り、タモリさんはとても驚いていましたが、私も驚きましたびっくり ぶんぶく精進ごはんは精進料理みたいなのですが、この番組を観て「これでいいんだ!」と確信したわけです。

 

先週は、豆腐マヨネーズ(もちろん乳製品、卵不使用)とごぼうの南蛮漬けが好評でした♪

今週も一に精進、二に精進!頑張るGO

 

 

 

ぶんぶくでの出来事 11:58 comments(0)