どんぐりの武勇伝自慢

昨年の秋の一コマ。

カフェから見える裏の土手から、雨のようにどんぐりどんぐりが毎日ダダダダダーーッと落ちてきていて、そこら中、どんぐりだらけ。どんぐりコロコロなんてかわいい音ではなく、鉄砲玉が空から落とされたんじゃないか💦と思うほどの激しい音で、ランチを楽しむお客様も「何?この音!」と幾度となくビックリされていたっけ。

 

「自然のなすがままにあせ」と、どんぐりだらけになってもそのままにしておいたところ、ウッドデッキに植物は枯れて土だけになってしまったプランターが、これまたそのままになっていて、そこにもいくつものどんぐりが突入。冬になってもそのプランターは動かされることもなく、同じ場所で春を迎えたプランターに素晴らしい変化があったのです星

 

その変化に気づいてくれた友人の娘ちゃんのUちゃん。「ねー、どんぐりから芽がでてるよ〜〜芽」。自然界の息吹を見逃さない子供の目ってさすが!(ほったらかしにしすぎの私💦)。

すごい、すごい!空中から勢いよく落ちてきて、ちょうどプランターにINしたどんぐりさんたちどんぐりどんぐりどんぐり勝手にINして、勝手に芽を出して、なんて立派なの!生命力にあふれてるわ〜びっくりすごい その日からは、毎日観察。成長ぶりが楽しみで楽しみで♪

時々お客様に「何か植えたんですか?」と聞かれるけど「「いえいえ、勝手にどんぐりが…」と、うちの(?)のどんぐりさんたちの武勇伝を得意げに語っちゃたりして(笑)

木に詳しいお客様の見立てによるとクスノキとのこと。木木へー、クスノキさんか〜木

間引きをした方がいいと聞いたけど、なんだかいい感じで等間隔じゃなーいぐー 

 

今年の秋は、どんぐりさんたちがINできる土とプランターをたくさん用意しておこうと決めたさわやかな風吹く5月なのでした。

 

 

覚え書き 20:22 comments(0)